知っておきたい野菜作りの基本

肥料の基礎知識をわかりやすく解説!種類・効果・使い方や自作出来る液肥の作りかた

肥料の種類と効果を解説!野菜栽培初心者のためのわかりやすい肥料の基礎知識

肥料の種類と効果

肥料とは、作物の生育を促進させるために土壌に施すものです。

肥料の種類を大きく大別すると「有機肥料(有機質肥料)」「化学肥料」に分けられます。

「有機肥料」とは、油粕や米ぬか、枯草や腐葉土や、さらに草木灰や鶏糞と言った天然の素材を原料にした肥料のこと。

有機肥料の目的は、有機物をエサとして「土壌微生物」をその土に呼び込み、土壌微生物の力で作物を育てることを目的とした肥料です。

土壌微生物が有機物を分解することで、分解した栄養素を野菜の根に送るので、効き目が長く、土の緩衝力が高まって、固い土をフカフカにする効果もあります。

一方で有機肥料は効果が出るまでに「時間が掛かる」というデメリットもあります。

対して化学肥料とは、読んで字の如く、化学的に配合された肥料のことで、主に窒素ガスなど無機物を原料としています。

化学肥料最大のメリットは「土壌の良し悪しにこだわらず、ピンポイントかつ短期間で効果を発揮すること」にあります。

しかも、含まれる成分量にムラがなく、水に溶ければ根が吸収できる形になるため、必要量が明確で誰にでも扱いやすいのが特徴です。

一方で、化学肥料だけに頼っていると土壌中の有機物が減少してしまうため、土の緩衝力がなくなるというデメリットがあります。

そのため、化学肥料と有機肥料をうまく組み合わせて使うことが大切です。

肥料の種類 使われる物 メリット デメリット
有機肥料 腐葉土・米ぬか・油粕・草木灰・鶏糞など 土壌微生物が土中に増え、土が柔らかくなる 効果を発揮するまで時間が掛かる
化学肥料 窒素ガスや無機物を化学的に配合したもの 短期間で効果を発揮する 微生物がいなくなるので、土壌改良に繋がらない。

野菜栽培初心者に知ってほしい「追肥」と「元肥」の違いとは?

「肥料」と一言で言っても、与えるタイミングと目的によって種類があり、ここが野菜栽培初心者にとって一番アタマが混乱するポイントでもあります。

それが「追肥」と「元肥」です。

よく野菜作りの記事に「植え付ける際は元肥をしっかり施しましょう」「追肥はしっかり行ってください」と書かれてる文章があります。

しかし、野菜栽培初心者の方は「追肥と元肥と何が違うの?」と迷われた方も多いのではないでしょうか?。

追肥と元肥をザックリ説明すると、元肥とは「土壌のためだけの栄養素」であり、植え付ける前に土壌に施す肥料のことです。

ボクたちが普段生活する土壌というのは、人や自動車が走ったり、建物を立てても沈みこまないように、重機などでしっかり踏み固められて作られています。

そのため、地中は酸欠を起こし、酸欠を起こすと根が枯れて植物や土壌生物が住みにくくなってしまうため、土に作物を育てる力がなくなっています。

そんな状態の土にじかに種や苗を植えつけても育つことはありません。

まずはその土壌で作物が育ちやすいように環境を整えてあげる必要があり、そこで活用するのが「元肥」になるわけです。

対して追肥とは「作物のためだけの栄養素」であり、成長過程にある作物に与える即効性のある肥料です。

成長してきた作物に栄養を直接与えることで「葉」「実」「根」が大きく育ち、丈夫な作物が収穫出来るようになるわけです。

なので、畑を作るときの順番は「元肥」⇒「追肥」になります。

追肥と元肥は使用するタイミングも、効能も全く違いますので、ここがあべこべになると作物が実らなくなってしまいます。

なので、野菜栽培初心者はまず「追肥」「元肥」の違いと目的をしっかりマスターしておきましょう!。

野菜作りは「土作り」から始まります。

その土作り時に、土壌に必要な栄養を与えるのが「元肥」です。

その後、野菜が成長し「作物にだけ」ピンポイントで栄養を与えるのが「追肥」です。

化学肥料は「農薬」とどう違うのか?

もう一つ勘違いされやすいものなのですが「農薬と化学肥料を一緒のもの」と考える方もおります。

ご存じの方も多いと思いますが「農薬」と「化学肥料」は全く別のものです。

化学肥料は作物の生育の促進という目的で使われますが、農薬とは作物を育てるのではなく「殺虫・殺菌・除草」の目的で使用されます。

化学肥料は人体への影響はありませんが、農薬の人体への影響は言うに及ばずで、ベトナム戦争時や、その後何年も経ってから「奇形児」が生まれるなど、枚挙にいとまがありません。

ではどうしてそんな危険物が野菜栽培に使われるかと言うと「大量生産」と「品質の保持」のためです。

作物に虫食いがあったり、病気があって黒ずむと商品になりません。

しかも、大量生産をする上でかつ品質を保持するとなると自然農では至難の業。

そこで「農薬」を使用することにより、作物に付く害虫や病原菌を一網打尽にすることが出来ますし、作物の栄養を横取りする雑草を退治することが出来ますので、キレイで形の整った作物を安定供給することが出来るのです。

ただし、虫・草・菌という土壌微生物や有機物である草まで除去してしまうので、土壌は「ゴーストタウン」と化し、土はただの無機質な物質になって次第に硬くなっていきます。

硬い土→植物の根は充分に伸びない→貧弱な根は養分を吸収しない→育ちが悪くなる→強い化学肥料の多肥→土はさらに硬くなる→さらに貧弱な根→収穫が落ちるという悪循環に陥ります。

農薬は化学肥料と違って、野菜栽培初心者がカンタンに扱えるシロモノではありません。

一つ扱いを間違えると土を殺してしまい、下手すると、向こう何年間も不毛の地となってしまう恐れがありますので、おススメはしません。

しかも、厄介なことに農薬は雨や潅水で洗い流されないように、接着性の強い化学薬品が含まれているため、野菜をちょっと洗っただけで除去は出来ないのです。

時間が掛かっても「有機肥料を使った土作りから始めること」がおススメ

やっぱりボクが思うに、野菜栽培初心者には、時間はかかるけど「有機肥料」を使っての「土作り」から徹底することをおススメしたいです。

確かに、有機肥料は要素として土に吸収されるまでとても時間が掛かります。

しかしそれは「それまで失われていた土本来の持つ『分解』の力を取り戻すため」の時間でもあり、有機肥料が土に分解され、要素として吸収されたとき、初めて土は「植物を育てる力」を宿すことになるのです。

化学肥料を使えば、土壌の状態に関わらず作物を実らせることは出来ます。

しかし、それは土そのものが野菜を育ててるのではなく、化学肥料の栄養で育ってる状態であり、言わば「点滴を投与しながらなんとか生き永らえてる人間の状態」のようなものです。

と、言うことは、土そのものに作物を育てる力がないわけですから、化学肥料の効能が切れたら、その土壌で作物は実らなくなるということですよね?。

そうなると、年々濃度の濃い化学肥料を施すことになり、その分のコストが掛かるだけでなく、それによって土がさらに固くなって病気しがちになり、それに対処するため農薬を使用せざるを得なくなって、どんどん土壌が悪化し、野菜栽培初心者にはとても対処しきれない状態に陥ってしまいます。

時間は掛かっても良いのです、むしろここはしっかり時間を掛けるべきです。

土作りが出来て、土自体に植物を育てる力があれば、多少お世話が雑になってもキチンと作物は実ります。

土作りは畑の基本!野菜がグングン育つ腐葉土・米ぬかを活用した自宅の庭で簡単土作り土作りで畑の出来の9割が決まる!初心者から始める野菜栽培のための土作りの基本 土作りから始めなければならない本当の意味とは? 「土作...

野菜栽培の3要素「窒素」「リン酸」「カリ」解説!失敗しない肥料の使い方

肥料の三要素「窒素」「リン酸」「カリ」

野菜が生育する上で絶対に必要になってくるのが「窒素」「リン酸」「カリ」の3要素で、この3つが野菜栽培の全てと言えます。

なので、肥料と呼ばれるものには、この3つの要素が含まれていることが絶対条件となります。

そしてこの3要素は、対象となる野菜ごとに配分を決めることが肝心です。

例えばスポーツ選手を想像してみてください。

アスリートと一言で言っても、取り組む競技によって身体の強化したい部分は違うハズですよね?。

走りがメインの選手は「足」を強化しますし、重量上げの選手は「腕」を強化します。

野菜もその辺は同じで、実になる部分によって「窒素」の割合の多い肥料を使ったり「リン酸やカリ」の割合が多い肥料にしたりと、対象となる野菜によって強化させたい部分が違います。

葉に多く栄養が行ってほしい作物もあれば、実や根に栄養を多く行き渡らせたい作物だってありますので、よく注意して使用するようにしましょう。

肥料の要素①「窒素」の持つ効果とは?

窒素肥料とは、植物の成長にもっとも重要な要素であり、主に「葉や茎」をメインに育てるときに使用します。

実は窒素は、我々人間や他動物類は吸収することが出来るのですが、植物には窒素を吸収する能力はありません。

なので、土壌の微生物に代わりに吸収してもらい、その微生物が吸収した窒素を野菜の根に供給させています。

ただし、窒素が多すぎると、植物体が徒長し、軟弱になるため病虫害に侵されやすくなるデメリットもあります。

果菜類だとつるぼけして実があまりならなくなったり、葉菜類だと病害虫に弱くなり苦味などが出て食味が悪くなります。

※窒素を多く必要とする野菜。

キャベツ、白菜、小松菜、レタス、ネギ、タマネギ、ホウレン草、水菜、春菊など。

※窒素分を多く含む肥料。

・油粕・魚粉・尿素・硫化アンモニア。

肥料の要素②「リン酸」の持つ効果とは?

リン酸は主に「花や実」をつけるために必要な栄養素です。

花つきや実つきを良くするので、花がたくさん咲く植物や実を食べる野菜などが多く必要とします。

※リン酸を多く必要とする野菜。

・トマト、ナス、ピーマン。

※リン酸を多く含む肥料。

・米ぬか・骨粉・過燐酸石灰(過石)・熔成燐肥(熔燐)。

肥料の要素③「カリ」の持つ効果とは?

カリは「根」をメインに丈夫に育てるための必要な栄養素となります。

主に根を食べる野菜や豆類は特にカリを必要とします。

カリウムが不足すると、植物の生育が悪くなり茎が倒れやすくなったり、根腐れを起こします。

カリは消費されるスピードが早いので、人工的に肥料としてこまめに与えることでバランスをとります。

※カリを多く必要とする野菜。

・ニンジン・ゴボウ、ダイコン、そら豆、枝豆等。

※カリを多く含む肥料。

・草木灰・苦土石灰・塩化カリウム・硫酸カリウム 。

失敗しない肥料の使い方をわかりやすく解説!野菜栽培初心者のための「元肥」「追肥」のやり方

土作りに欠かせない元肥と元肥に使われる有機肥料

元肥の基本は「効果が遅い『遅効性』の肥料」を使うことが基本です。

肥料が効いてくる時間が遅いため、植え付け時から成長期を迎えるまでにジワジワ効いてきて、身体作りに必要なタイミングでしっかり作物に栄養を送り込みます。

このタイミングで即効性のある肥料を与えてしまうと、即効性がある分、効き目が切れるのも早いですので、成長期に栄養が行き渡らなくなります。

先述した通り元肥は効果が現れるまで時間が掛かるので、植え付けギリギリに施すのではなく、2~3か月前、遅くとも1月前には施して土壌になじませるようにしてください。

有機肥料の場合、主に使われるのが「落ち葉や枯葉」さらには「腐葉土」といった植物類が多く使われますが、実は植物類を元肥に使う場合、それ単体では発酵しにくいので、発酵を促進させてくれる「発酵促進材」が必要になります。

それが「米ぬか」です。

米ぬかを枯葉や腐葉土と一緒に土に混ぜ込むと、米ぬかが発熱して発酵を促進させてくれます。

さらに、有機肥料を元肥として使用する場合大事なのが「発酵過程での『発酵熱』」です。

有機肥料はとにかく発酵してくれないと効果を発揮しませんし、そのためには温度が必要です。

発酵温度が足りないと、腐敗菌が活発に活用し、発酵ではなく、腐敗となって、材料からアンモニアやメタンが大量に発生し、悪臭もひどく、できた堆肥は使い物になりません。

また、温度が高すぎてカラカラに乾いても発酵しないまま元肥と土が分離してダメになってしまいます。

なので混ぜ込む際、ボクが一番おススメするのが「真夏の暑い時期に元肥を混ぜ込み、適度に水を掛けてあげること」です。

真夏の熱と水分で土壌はサウナ状態となり、混ぜ込んだ元肥が丁度良い具合に発酵して、秋の植え付け時期は土がフカフカの良い土壌に変化していきます。

野菜の生育に欠かせない追肥と追肥に使う有機肥料

「追肥」とは作物が成長したとき「その作物の大きく育ってほしい部分」にピンポイントで栄養が行き渡るように「土に撒く肥料のこと」を言います。

追肥に使う肥料を選ぶ際、大事なことは「即効性のある肥料」を使うことです。

ここで間違えて「元肥」のようにジワジワ効果が現れるような肥料を与えてしまうと、実が大きく育つタイミングを外してしまうので、注意してください。

化学肥料の場合は、対象となる野菜の追肥に特化した肥料がありますが、有機肥料の場合は「草木灰」「油粕」「米ぬか」等が良く使われますし、ボクもこれらを多用しています。

例えば窒素分を多く含んだ追肥を行いたい場合は「油粕」を多めに撒きますし、リン酸の場合は「米ぬか」そしてカリの場合は「草木灰」です。

追肥を行う際、一番注意してほしいのが「野菜や株元に直接肥料を掛けないこと」です。

特に化学肥料のような効果の強い肥料の場合は、野菜に直接掛けたり、株元ギリギリの距離に掛けてしまうと「肥料やけ」を起こし、作物をダメにしてしまうので注意しましょう。

堆肥とは?種類・使い方・発酵温度や家庭菜園で使いやすい堆肥の作り方を徹底解説!【堆肥とは?】野菜栽培初心者のための堆肥の効果を徹底解説! 堆肥を土にすき込むと土壌の発酵を促し野菜がすくすく育つメリットがあります ...

野菜栽培初心者にありがちな失敗とは①「追肥」

ボクも含めてですが、野菜栽培初心者が一番失敗しがちなのが「追肥」で、追肥する際「一度にたくさんの肥料を与えてしまう」という点にあります。

どうしても早く、大きく、丈夫に育ってほしいという親心から、一度にたくさんの肥料を与えてしまう方も多いのです、肥料はとにかく与えれば良いというものではありません。

これはどの野菜にも共通して言えることなのですが、一度にたくさんの肥料を与えてしまうと、茎だけがヒョロッと長く伸びて倒れやすくなったり、実割れして腐敗してしまうなど、弊害がたくさんあります。

大事なことは「その野菜が一番栄養を欲する時期はいつなのか?」をちゃんと把握することであり、一度に大量に与えるのではなく、その野菜が一番栄養を欲する時期に「複数回に分けて与えること」なのです。

野菜栽培初心者にありがちな失敗②「肥料の使い分けが出来ていない」

野菜栽培初心者がやりがちな失敗その2は「肥料の使い分け」です。

つまり、葉を大きく育てたいのに、根を大きく育てる「カリ」の配分が多め、もしくは同配分の肥料を追肥として与えてしまったり、実を大きくしたいのに、葉を覆い茂らせる「窒素」の配分が多めの肥料を与えるなど「対象となる野菜に必要な栄養素を理解しないまま与えている」ということです。

何度も言うように、対象となる野菜によって大きく育てたい部分は違います。

白菜やほうれん草のように「葉」をメインとする野菜ならば「窒素配分の多めの肥料。」

トマトやピーマンなどの「実」をメインとする野菜ならば「リン酸配分の多めの肥料。」

そしてゴボウやニンジンなどの「根」をメインとする野菜ならば「カリ配分の多めの肥料」を使うこと。

ここをキチンと分かっていないと、野菜が一番美味しく育つ成長期のチャンスを逃すことになりますので、しっかり把握しておきましょう。

「液肥」の作り方と効果を詳しく解説!自宅で簡単に作れるおススメの液肥とは

雑草は宝!捨てずに取っておこう!

5~6月から始まる梅雨の時期が過ぎ、7月に入ると猛烈な勢いで「雑草」が伸びてきます。

雑草を放置しておくと、蚊やコバエ、ダニなどの害虫が発生しやすくなるので、草むしりなどを行うことだと思います。

ところでみなさんの場合は、草むしりをした後の雑草をどう処分していますか?。

むしり取った後、ただそこらに摘んで放置しておくというのがものすごくもったいない!。

実は雑草は、窒素・リン酸・カリといった野菜の生育に必要な3要素の塊であり、使い方によっては畑の土壌を肥やしたり、作物の生育を促進させる「万能の肥料」に使うことが出来るのです。

雑草は、基本的にどんな過酷な環境であっても生えてきますが、それは雑草に「少ない栄養をトコトン自分の身体に取り込む」という能力を有しているからです。

なので、仮にその場所がコンクリートで覆われた場所であっても、地中にわずかでも「窒素・リン酸・カリ」と言った植物の成長に必要な要素があれば、コンクリートを突き破ってでも生えてきます。

よく、過酷な環境から這い上がってくることを「雑草魂」と表現されますが、これが由来です。

ボクも、畑の草むしりを行った後、むしり取った雑草をビニール袋に集めて保管しています。

中には、毎回草むしりが面倒ということで「除草剤」という農薬を使用し、再び生えてこないような処置をする方も多いのですが、除草剤は土壌を悪化させてしまう他に、人体にも悪影響を及ぼしてしまいます。

どうせ毎回伸びてくるものですから、ぜひとも有効活用して、良い畑作りの材料にしていきましょう!。

雑草で作るおススメの最強の天然液肥「雑草液肥」とは?

ボクがおススメする肥料が「雑草で作る『雑草液肥』」です。

作り方もカンタンで、手間がかからない上に、バツグンの効果を発揮しますので、ぜひ作ってみてください。

これは祖母から教わった肥料で、まだ化学肥料が存在しなかった頃に使われていた天然の肥料で「元肥」「追肥」として使用しても有効です。

肥料持ちもよく、化学肥料のように「肥料やけ」もおこさず、野菜にやさしく、かつ栄養満点の液肥で「これさえあれば化学肥料はいらない」と言われるほどです。

使い方もカンタンで「ただ土に掛けるだけ。」

ホームセンターで販売されているような液肥と違って、水で薄めたりせず、原液のまま掛けてもらって結構です。

雑草液肥の作り方と注意点

5~6月に入ると、雑草が大きく成長してくる季節になりますので、草刈りした雑草を「ビニール袋」に入れて密閉し、日中は日当たりの良い場所でひたすら放置しておきます。

雑草以外何も混ぜる必要はありませんが、必ず「種や花のついていない雑草を入れること。」

種は発酵しませんし、土壌で長期間生き続けます。

すると、畑に施したとき、作物が育ってる場所に猛烈な勢いで雑草が生えてくることになるので注意してください。

密閉してから2~3週間すると、積んだ雑草の下中央部分から発酵が始まります。

発酵中は強烈な臭いがしますので、周囲に配慮が必要です。

このとき、ムラなく均等に発酵するように、上下をひっくり返す「天地返し」を行います。

天地返しをする際は、下の雑草が空気に触れるように、攪拌しながら行うのがポイントです。

このように「密閉して日光にさらす→天地返し」を繰り返していると、だんだん雑草がドロドロの液状に変化していきます。

完全に発酵しきると、無臭に近い感じになりますので、これが完成のサインとなります

まとめ

肥料は野菜栽培をする過程で欠かせないものです。

しかし、与え方や、それに伴う効能を理解しないまま取り敢えず施すだけでは良い作物は実りません。

ボクも経験があるのですが「とりあえず肥料と名の付くものを与えればいいんでしょ?」と、適当に与えて、作物を全滅させてしまったことがあります。

なので「今、自分の畑作りはどの段階にあって、どんな効能を期待しているのか?」「今施そうとしている肥料は、その段階にどんな効能を期待出来るのか?。」

をしっかり見極めて使用することが大事です。

ズボラでGO!手を掛けずに育てるゆるゆる有機野菜栽培!

野菜栽培の経験のない方でも美味しく健康な「有機野菜」を育てるコツをお伝えする10日間の無料メール講座です。

詳細ページ。