知っておきたい野菜作りの基本

堆肥とは?種類・使い方・発酵温度や家庭菜園で使いやすい堆肥の作り方を徹底解説!

Contents

【堆肥とは?】野菜栽培初心者のための堆肥の効果を徹底解説!

堆肥を土にすき込むと土壌の発酵を促し野菜がすくすく育つメリットがあります

堆肥とは、家畜のふんや落ち葉、木の皮などの有機物を、微生物の力で分解・発酵させて作る土壌改良のための資材で、土をフカフカにする働きがあります。

栽培前の土は、野菜の根にとってとても固く、そのままでは根を下ろせませんし、カチカチに固まった土では水や空気がうまく供給されず、植物は元気に育つことが出来ません。

そういう状態の土壌に堆肥をすき込むと、土の中の微生物が増えて活発に働くようになります。

すると、微生物が有機物を分解する働きによって、土がフカフカにやわらかくなり、水や空気の通り道が出来て、根がしっかりと張り、水や肥料の吸収もよくなます。

これが、植物の成長には理想的な状態なのです。

堆肥は野菜の苦手な酸性度を和らげ、土壌を中和させる効果がある

堆肥には土壌の酸性を中和させる効能もあります。

と、言うのも、農地を営んでいない土壌は、降雨にさらされ続けた影響で大概が酸性の土なのですが、野菜にとって酸性は大いに問題なのです。

大概の野菜は酸性を嫌い、土壌の酸性分が強すぎると作物がよく実ってくれません。

なので、初めて畑を作るときは、多めに堆肥をすき込んで、酸性分を中和させてあげる必要があります。

苦土石灰を撒くより、堆肥を多めにすき込んだ方が土壌には良い

土壌の酸性を中和させるためによく使用されているのが「苦土石灰(くどせっかい)」です。

苦土石灰には「カルシウム」と「マグネシウム」が含まれている原石を粉砕して作られたアルカリ性の資材であり、効果も早いですので、土壌の酸性を中和するにはうってつけです。

しかし、苦土石灰を長い間使っていると「土を固くし、土壌が悪化していく」デメリットがあります。

なので、苦土石灰を使い続けるよりも、時間が掛かっても良いですので、堆肥を多めにすき込んで土壌改良していったほうが、野菜の生育に一番良いと思います。

【堆肥と肥料の違いと使い方】元肥・追肥として使う際の堆肥の選び方

堆肥と肥料の違いとは?野菜栽培初心者のための堆肥と肥料の役割を解説

野菜栽培初心者の方は混同しがちになりやすいのですが「堆肥」と「肥料」には明確な違いがあります。

それは「土壌の環境を整えるのが堆肥」「野菜に栄養を与えて育てるのが肥料」です。

野菜を植え付けるには、まず土をフカフカにして野菜が育ちやすい環境を整えるのが先になり、それを行うのが「堆肥」の役割です。

ですが、フカフカにしただけでは栄養がなく、野菜は成長することが出来ませんので、野菜に栄養を与え、実を大きく育てるために「肥料」を施します。

作物は育つための環境が整っていないと、栄養だけ与えても育ちません。

かと言って環境だけ整って、栄養が全くなければこれまた野菜は育ちません。

なので「堆肥」+「肥料」を組み合わせて「環境」+「栄養」を与えていく必要があるのです・

堆肥を種類と特徴別に元肥・追肥で使い分ける

土をフカフカにするのは地中の微生物の役割なのですが、その微生物を呼び込むためには「堆肥に含まれる繊維質」が必要です。

堆肥の種類には「繊維質は多いけど肥料分の少ない堆肥」もあれば繊維質は少ないけど肥料分の多い堆肥などがあって、それぞれの特徴に合わせて「元肥」「追肥」に使用します。

例えば「繊維質は多いけど、肥料分が少ない」という堆肥の場合は「繊維質が多い」ので、土をフカフカにする効果の期待が持てるため「元肥」として使用します。

特に「落ち葉・枯草・腐葉土・稲わら堆肥」などはその代表例です。

ただし、土はフカフカにしても、野菜の栄養となる肥料分がありませんので、肥料分の多い堆肥を組わせる必要があります。

そこで「鶏糞・豚糞・油粕」のような肥料分の多い堆肥と組み合わせます。

対して「追肥」を行う際は、栄養を中心に与えていきたいですので「肥料分の多い堆肥」を使用します。

なので「繊維質は少ないけど、肥料分が多い」という堆肥の場合は、肥料分の多さを活用して「追肥」として使用するのが向いています。

肥料の基礎知識をわかりやすく解説!種類・効果・使い方や自作出来る液肥の作りかた肥料の種類と効果を解説!野菜栽培初心者のためのわかりやすい肥料の基礎知識 肥料の種類と効果 肥料とは、作物の生育を促進させるために土...

【堆肥の使い方と注意点】完熟堆肥・未熟堆肥の失敗しないための使い方

堆肥のおススメの使い方と失敗しないための注意点

堆肥は一般的に土に混ぜ込んで使います。

植え付けの数週間前に土をよく耕して混ぜて使うのが一般的ですが、このときボクのおススメは「より深めに堆肥を混ぜ込むこと」です。

土を深めに掘って堆肥をすき込むと、地中の奥深くまでフカフカに柔らかくなり、野菜の根がより長く・深く伸ばして行けるからです。

また、地中深くまで空気が良く入り、水や肥料もより奥まで浸透していけます。

あまり浅い耕し方だと、肥料が溜りやすく、そこの部分だけ肥料分が強くなり過ぎ、腐ったり病気しやすくなる可能性があります。

土作りは畑の基本!野菜がグングン育つ腐葉土・米ぬかを活用した自宅の庭で簡単土作り土作りで畑の出来の9割が決まる!初心者から始める野菜栽培のための土作りの基本 土作りから始めなければならない本当の意味とは? 「土作...

未熟な堆肥を使用すると腐敗によるメタンガスの発生で野菜を傷つける恐れがあります

堆肥を施す際に一番注意してほしいポイントが、必ず『完熟したもの』したものを使用することです。

と、言うのも、未熟な堆肥は、まだ発酵途中ということもあり、土に混ぜ込んだ後も発酵を続けます。

そのため、未熟堆肥を混ぜた土で植物を育てると、発酵によるアンモニアの発生や、地熱の上昇により、植物の根を傷める可能性があります。

なので土に混ぜ込む場合は「必ず完熟したもの」を使いましょう。

堆肥は完熟させないと使えない!臭いで見分ける失敗しない完熟堆肥と未熟堆肥の基本

目の前の堆肥が未熟かどうかは臭いや手触りによって判断できます。

完熟した堆肥というのは、ほぼ原形をとどめていませんし、触ったらホロホロとカンタンに崩れていきます。

一番のポイントは「鼻を突くような腐敗臭。」

未熟な堆肥の臭いをかぐと、ツンとするような刺激臭(アンモニア臭)がしたり、甘酸っぱい臭いがします。

目の前の堆肥からこんな臭いがしていたら、まだ未熟な証拠。

完熟した堆肥は「ほぼ無臭」なのです。

なので、未熟と思ったら、まずは臭いがしなくなるまで徹底的に完熟させるようにしましょう。

【動物性堆肥の種類と特徴】牛糞・馬糞・豚糞・鶏糞の効果と失敗しない使い方

動物性堆肥の特徴は「即効性」と「肥料成分の濃さ」

動物性の堆肥には、動物の排泄物である「牛糞」「馬糞」「豚糞」「鶏糞」が最もよく使用されます。

動物性堆肥は「肥料分が多く」「即効性」に優れているところが特徴です。

特にきゅうりやトマト、玉ねぎ、にんにくのようにゴロっと大きな実に育てたいときの追肥として使用すると効果てきめんとなります。

種類 含まれている要素と配分 土壌への効果 使用
牛糞 窒素2リン酸2カリ2 繊維分が多めなため、土壌をフカフカにする効果、肥料分もそこそこ 元肥・追肥
馬糞 窒素2リン酸2カリ2 肥料分は牛糞より少な目だか繊維質は多めなため、より土をフカフカにする効能がある 元肥
豚糞 窒素3リン酸5カリ1 繊維質が少ないため、土壌改良には不向き、しかし肥料分が強いので追肥向き。 追肥
鶏糞 窒素4リン酸6カリ3 肥料成分が強い反面、土壌改良にはつながりにくい 追肥

牛ふん堆肥の特徴と使い方

牛糞堆肥とは牛ふんを堆積発酵させたものです。

牛は乾草やワラなどの粗飼料を中心に濃厚飼料も食べているので、適度な肥料分を含みます。

また、繊維分を多く含むため、土をふかふかにする効果に優れており、土壌改良にはうってつけ。

どちらかと言えば「元肥向き」ですが、追肥としても使える「オールマイティ」な堆肥です。

馬糞堆肥の特徴と使い方

馬糞堆肥は馬糞をワラやもみ殻を混ぜて発酵させた堆肥です。

馬糞堆肥の特徴は、繊維質は牛糞堆肥よりも多いため、通気性・水はけはモチロン、土をふかふかにする土壌改良効果は抜群です。

ただし、肥料分は他の動物性堆肥と比べて一番低めなので、追肥にはあまり適していません。

なので「元肥」として使用するのが一番おススメです。

豚糞堆肥の特徴と使い方

豚糞堆肥は読んで字の如く豚の糞を発酵したもの。

肥料成分が高く、窒素分とリン酸が多く含まれていて肥料としての効果が高い堆肥です。

しかしその反面、牛糞・馬糞堆肥と比べて繊維質が少ないですので、土をフカフカにする効果は低く、土壌改良にはあまり適していません。

なので「元肥」として使用するよりも「追肥」として使用するか、元肥として使う場合は、腐葉土のような繊維質の多い堆肥と組わせて使うのがおススメです。

鶏糞堆肥の特徴と使い方

鶏糞を堆積発酵させたもの。

鶏は濃い飼料を食べているため、肥料成分が多さは、他の動物性堆肥と比べてズバ抜けて高いのが特徴です。

野菜生育に必要な「窒素・リン酸・カリ」の三要素共に多く、しかも窒素は分解しやすい形態なので、化学肥料並みの肥料効果があります。

ただしその反面、繊維分は他の動物性堆肥と比べてダントツに低く、ほとんど含まれていないと言ってよいでしょう。

なので、土壌改良を目的とするには向きません。

ズバ抜けた肥料分の高さを活かして「追肥」として活用することがおススメです。

動物性堆肥を大量投入し過ぎると窒素過多になり失敗する可能性が高くなります

動物性堆肥の特徴として、他の肥料と比べて「窒素分が強い」ことが挙げられます。

そうなると土壌は「窒素過多」に陥り、茎だけはグングン伸びるのに、肝心の実に栄養が行かなくなったり、余計に伸びた分、ヒョロヒョロの弱い茎で、ちょっとの風で簡単に倒れてしまいます。

また、窒素過多の植物は「アミノ酸」をたくさん分泌しますので、そうなるとアミノ酸を大好物とする「アブラムシ」の総攻撃を受けることになり、作物が食害を受けることになってしまいます。

動物性堆肥だけでは土壌の改良にはつながらない

動物性堆肥は、微生物のエサとなる「繊維質」が少ないのが特徴です。

なので、施したその年はフカフカの土になってくれても、繊維質が少ない分、全て食べ尽くしてしまうにも時間が掛からず、エサがなくなると微生物はその土壌から離れていき、次の年には、ガチガチの固い土に戻っていたりします。

つまり「早く短期間で土をフカフカにする効果はあるけど、効き目が切れるのも早く、毎年施さなければいけない」というデメリットがあるのです。

なので、植物性堆肥とバランスよく使用して行くことが大事です。

【植物性堆肥の種類と特徴】落ち葉・腐葉土・稲わら堆肥の失敗しない使い方

植物性堆肥の種類と特徴

植物性堆肥の特徴は動物性堆肥と違い、微生物のエサとなる「繊維質が豊富」なのが特徴です。

そのため、微生物も長くその土壌に住み着き、土のバランスを整え、時間を掛けて野菜が育ちやすい環境を作り上げていきます。

主に「元肥」として使用するのがベストです。

ただし、動物性堆肥と違い、腐葉土を除いて「発酵するまでに時間が掛かり、すぐに堆肥として利用できない」というデメリットがあります。

植物性堆肥の種類はたくさんありますが、ここでは一番よく使われるメジャーな堆肥をお伝えしていきます。

落ち葉・枯草の特徴と効果

植物性堆肥の代表格とも言える2つですが、落ち葉や枯草は繊維質そのものですので、地中に埋めると、そのまま微生物のエサとなります。

ただし、発酵するまでとにかく時間が掛かります。

埋めてから土がフカフカになるには数年の時間を有しますので、すぐに堆肥としての効果は発揮出来ません。

しかし、時間が掛かる分、より多くの微生物がその土壌にやってきて、長く住み着き、時間を追うごとに土は柔らかく良い土壌に変わっていきます。

使い方は2つ。

1:地上で発酵させて「腐葉土」にする。

集めた落ち葉や枯草を地上で発酵させ、腐葉土化させてから使用するのが1つの使い方です。

発酵までに時間は掛かりますが、工夫次第で時間を短縮させることが出来ます。

2:地中に埋めておく。

地中に埋めて時間を掛けて置いておくのが2つ目の方法です。

地中に埋めておくことで、微生物を寄せ付けることが出来るのですが、発酵ガスが出るのですぐに植え付けるのはNG.

1~2年ほど時間をおき、一度掘り起こしてガス抜きを行ってから土に混ぜこんでいく。

堆肥の王様「腐葉土」の効果

腐葉土とは、広葉樹などの落ち葉を、土を間に挟んで積み重ね、水を加えて長期間発酵させたものです。

肥料分は少ないですが、繊維分が多く含まれているため、微生物のエサも豊富で、通気性・保水性に優れ、肥料持ちも良く、土をフカフカにする効果はトップクラスで優れています。

それに腐葉土は発酵している状態ですので、畑にすき込むと早い段階で効果を発揮する即効性を有しています。

また、野菜の味も良くなり、根の周りに繁殖している微生物のバランスが整えられるので、病害の出にくい土になってくれるのです。

名前の通り、腐葉土は用土の一種ですので、完熟したものであれば、畑に大量に投入しても問題ありません。

ただし、肥料分がほとんどないので、他の動物性堆肥や油かす、米ぬかのような肥料分を持つ堆肥と組み合わせて使うのが基本です。

稲わら堆肥の効果と使い方

稲わら堆肥は、刈り取った稲を発酵させた堆肥で、落ち葉堆肥と比べて発酵しやすいので、早く堆肥として活用出来るのが特徴です。

落ち葉や腐葉土に比べて「窒素分」多めにが含まれていますので、動物性堆肥と組わせるよりも「油かす」のようなマイルドな肥料と組合わせると丁度良いです。

特にボクの場合は稲作農家でもありますので、この稲わらをよく活用しています。

稲わらは落ち葉くらべて腐敗ガスが多く発生するので、トコトン完熟させてから使うことをおススメします。

作り方は、刈り取った稲を積んでおき、そこに発酵を促進させる「米ぬか」「水」を混ぜてブルーシートなどを掛けておいておきます。

しばらくすると、下から発酵が始まりますので「天地返し」を行い、まんべんなく発酵させると、1~2年ほどで真っ黒になり、ほぼ土状になりますので、コレを土に混ぜ込んで使います。

稲は「米ぬか」「堆肥」「もみ殻くん炭」などいろんな要素に使え、捨てる部分がありません。

堆肥の発酵の促進・不足分を補う有機肥料油かす・米ぬか・もみ殻くん炭・草木灰の使い方

油かすの特徴と使い方

主にナタネ油を搾ったカスから作られており「窒素分」が多く含まれているのが特徴です。

肥料分は強いですが、油かす単体では、土をフカフカにする効力はありませんので、腐葉土や米ぬかと組み合わせて使うと良いでしょう。

また、追肥としても使える上に、動物性堆肥のように「肥料焼け」を起こし辛いですので使いやすいのが特徴です。

茎や葉を主に育てたい「アスパラ」や「ネギ」などに使用するのがおススメです。

米ぬかの使い方と特徴

米ぬか肥料は「リン酸」の含有量が多いのが特徴です。

米ぬかは糖分やタンパク質も豊富で、土壌微生物の活動を活性化させる効果にたいへん優れています。

これを土壌に混ぜ込むと、地中で発熱し、堆肥や有機物の発酵を促す「発酵促進剤」となります。

そうなると、有用微生物が爆発的に増えて、より早く土がフカフカになるので、畑作りには絶対に欠かせません。

もみ殻くん炭の特徴と使い方

お米の殻であるもみ殻をいぶし焼きにして炭化させたもの。

主に「カリ」が多く含まれていて、野菜の根張りが良くなります。

なので根を食べる「ニンニク」「ダイコン」「ゴボウ」などによく使われます。

また、もみ殻くん炭には無数の小さな穴があるため、微生物がそこに住み着き、長くそこの土壌にいてくれるようになるのです。

野菜が生育してくると、だんだんカリ分が不足してくるので、元肥・追肥などで施して、他の堆肥に不足するカリ分を補ってあげましょう。

草木灰の特徴と使い方

雑草や枯れ木を燃やして炭にしたもの。

アルカリ分が強く、これを土に撒くとそこの土壌の酸性分を中和してくれます。

農地を営んでいない土壌の大半は「酸性」の強い土なので、初めて畑を作る場合は、コレを多く撒いて酸性を中和させるのがおススメ。

堆肥に必要な発酵熱の仕組みについて!失敗しない入れるタイミングと発酵熱の上げ方

堆肥が発酵させるには「温度」が大事!発酵を促進させるためのおススメの発酵促進材

堆肥を発酵させるには「温度」が一番のキーワードです。

どんなに良い材料を混ぜ込んでも「温度」が上がってくれないことには、発酵は促進されず、いつまでたっても未熟なままで、使い物になりません。

そこで、堆肥を発酵させるための温度「発酵熱」を上げていくために、おススメなのが、「米ぬか」です。

米ぬかは最高の発酵促進剤であり、どの堆肥を作るにも米ぬかは必ず使用します。

特に「水分」と一緒になることで米ぬかは一気に発熱し、高い時だと「40℃」以上に上昇することもあるので、発酵スピードが高まります。

堆肥は「乾燥」が一番の天敵!失敗しない堆肥を施すベストタイミング

堆肥にとって一番の天敵となるのが「乾燥」です。

せっかく完熟させた堆肥を土にすき込んでも、土がカラカラに干からびてしまっている状態では、堆肥と土が分離してしまい、土に馴染んでくれません。

なので、堆肥を土に馴染ませるためには、ある程度の「水分」が必要となるのです。

水分は土と堆肥を円滑に馴染ませてくれます。

しかし、寒い時期にいくら水分があっても、これまたキチンと発酵してくれませんので「熱」と「水分」が同時にあることが望ましいのです。

そこで、堆肥を施すおススメのタイミングが「夏。」

夏の暑い時期に堆肥を施して、そこに水を掛けてあげると、中は高温と湿気でサウナ状態となります。

そうなると、熱と水分で土の発酵が一気に進み、堆肥が土に馴染んで一体化し、フカフカの柔らかい土に変化していきます。

家庭で簡単に作れるおススメ堆肥!腐葉土・生ゴミ・雑草で作るすくすく野菜が育つ堆肥の作り方とは?

堆肥の王様「腐葉土」の家庭菜園での簡単な作り方

基本的に腐葉土はホームセンターなどで1袋数百円程度で購入出来ます。

ですが腐葉土は「落ち葉と土」さえあれば、自宅の家庭菜園でもカンタンに作ることが出来ます。

しかし、それだけでは発酵までにとても時間が掛かるので、発酵を促進させ、短期間で完熟させるための発酵促進剤として「米ぬか」「水」を加えます。

すると、水分を含んだ米ぬかが発熱するため、発酵期間が早まります。

完成までに1~2年程度、手でもんでボロボロと崩れるぐらいになったら完成です。

腐葉土は完成までに時間が掛かりますので、落ち葉が出る季節になったらマメに集めて、作り置きしてストックしておくと便利です。

無料メール講座でもっと詳しくお伝えしていますので、ぜひ登録してみてください。

詳細ページ。

生ゴミ堆肥の作り方コンポストいらずの手軽に作れるおススメの方法!

キッチンから出る野菜クズや生ゴミでも堆肥を作ることは可能です。

市販の米ぬかや腐葉土など、発酵を促進させるものを混ぜ合わせて使えば2~6か月ほどで完成します。

生ゴミで堆肥を作る場合「コンポスト」を設置して作ることが一般的ですが「フタ付きのバケツ」なんかがあれば充分代用が可能です。

生ゴミ堆肥として利用しやすいのは以下の通り。

・分解しやすい生ゴミ:野菜クズ・肉・魚・穀物類など。

・分解しにくい生ゴミ:魚の骨・卵の殻。

生ゴミ堆肥で避けた方が良い生ゴミ。

・分解できない生ゴミ:動物の骨・貝殻等。

・控えた方が良い生ゴミ:カップラーメンなどの塩分の濃い生ゴミ。

完成までに夏場は2~3か月、冬場は6か月ほど要します。

バケツを使えばコンポストのように設置場所に困りませんし、ベランダでも作ることが出来ます。

コチラも詳しい作り方を無料メール講座でお伝えしていますので、ぜひ読んでみてください。

詳細ページ。

落ち葉も雑草も手に入らない場合におススメの「ボカシ肥」

もし、近くに落ち葉や雑草がなく、生ゴミのように臭いが出るのが困るという場合には「ボカシ肥」がおススメです。

材料や作り方は人それぞれありますが、ボクの場合は「油かす(もしくは鶏糞)米ぬか・もみ殻くん炭・草木灰」などを混ぜ合わせて作ります。

基本的にホームセンターで簡単に入手できる材料や家庭のあるものでも、充分効果的なボカシ肥を作ることは出来ます。

ボカシ肥は、他の堆肥より短期間かつ手軽に作れますので、特に臭いが気になる方や、雑草・落ち葉を入手するのが難しいという方におススメの堆肥です。

コチラも無料メール講座で詳しく記載していますので、ぜひ読んでみてください。

詳細ページ。

堆肥の作り方のテクニック「天地返し」のやり方

堆肥となる材料をまんべんなく完熟させ、より短期間で作るためには「天地返し」というテクニックが欠かせません。

と、言うのも、基本的に堆肥は「圧力が掛かる下の方から」徐々に発酵が始まっていきます。

しかし、このままだと下の部分は発酵していますが、上部が未熟のまま。

そのままほおっておいてもいずれ熟していくのですが、上部まで完全に完熟し切るまでにはかなりの時間が掛かりますし、堆肥の出来にバラつきが生じます。

そこで天地返しを行い、上下部分をひっくり返すつもりでかき混ぜてあげると、今度は未熟だった上部に圧力が掛かって熱がこもり、またかき混ぜることによって「空気」が堆肥に入りますので、まんべんなく熟し切った堆肥を早く作ることが出来るのです。

まとめ

堆肥と言っても「効果を早く発揮するもの」と「効果が発揮するまで時間が掛かるもの」と様々ですし、双方にメリット・デメリットも持ち合わせています。

例えば動物性堆肥だけで作ろうとすれば、早い段階で土壌はフカフカになりますが、その反面、長い目での土壌改良につながりません。

それに対して植物性堆肥は、効果を発揮するまで時間が掛かりますが、毎年、毎年栽培するたびに土壌をよくしてくれる反面、今すぐ効果が欲しい追肥等には、即効性という面において動物性堆肥に比べるとビハインドがあります。

なので、どれが良くて、どれが悪いということではなく「個々の特性を活かして、長期的にも短期的にも効果を発揮するチョイスをすること」が大事になってきます。

ズボラでGO!手を掛けずに育てるゆるゆる有機野菜栽培!

野菜栽培の経験のない方でも美味しく健康な「有機野菜」を育てるコツをお伝えする10日間の無料メール講座です。

詳細ページ。